速報!トレンドワード

最新のトレンドワードに関する、まとめです。

未分類

戸嶋靖昌、今度観に行って来るかね....。

うわぁ…知らんかったなぁ。知らんかったことばかりだなぁ。画家≪戸嶋靖昌≫。衝迫の作品紹介と言葉。『地球交響曲』第九へと連なる眼差しを受けた。揺るぎない表現。再放送も視よう。Eテレ『日曜美術館』
戸嶋靖昌さん特集の日曜美術館を見ました。磯江先生セレクトの存在の美学で初めて作品を見たのはもう10年前か…
戸嶋靖昌、今度観に行って来るかね....。
絵画美術はイリュージョンでそこに現実があるかのように錯視せしめるもの。宗教美術ってのは絵画という窓を通して神を出現さす事。戸嶋はイリュージョンをさけてた。日曜美術館「戸嶋靖昌」にて小池寿子談(正確さは来週のPM8時の放送見てネ)
なんか不定系なもんも大事にしていきたいなーっていぅか不明瞭なものはそのまま不明瞭にも描いてみたい、っていぅ節があってすしたら朝画家の抽象画みたいな『写実画』を描くって戸嶋靖昌さんの特集で「(すべてを)精細に描くことは偽物の魂を描いてしまう危険を持っている」って言葉が出てきて
戸嶋靖昌の表現したリアリティー. 形として見えるものではなく、そこにあるヒト・モノが何故そこにあるかを具現する. 黒を使いこなす妙技.
日美を見たby戸嶋靖昌。この手のタッチと色使いの作品は入ってこないんだよね。実物と接するとまた違うのか。 見てたら五姓田義松の『老母図』を思い出す。老母の目に宿る生命の光を。この作品もまた好きなタッチではないけど、この作品は胸に届くものがある。
NHK Eテレ 日曜美術館 孤高の美術家戸嶋靖昌の作品を見た。三島由紀夫の死に衝撃を受けスペインに渡ったそう。ゲストは奥田瑛二さん。先日GINZAでもドラマティックな人生を語っていましたが、この戸嶋さんともお酒を酌み交わした貴重な日本人でもあります。

人物デッサンは19世紀で終わっているが、人には生きる強さがある。(記憶が適当ですが)の戸嶋靖昌の言葉は重くて分かりやすくて響く。人を描きたい人は、その人の人生までも捉えたい。イラストレーターも心奪われながら楽しく描くときには人生の贋作師だよね。実在は真性を描く心が生む。
日曜美術館でやってた、戸嶋靖昌の絵みたいー
イリュージョンではない 独自のリアリズムの追求魂の画譜 戸嶋靖昌
戸嶋靖昌、作品も人柄も鋭い。かっこいい。でも、こういう人に会ったら隅々まで見透かされるのかしら
リアリズムはイリュージョンではない。日美。戸嶋靖昌氏。「じかんがでないとだめなんだ」
戸嶋靖昌という画家が主題で、ゲストが奥田瑛二。スペインのグラナダで出会って云々という共通性よりもむしろ、自分の芸術的(本能的?)欲求の為に、献身的な女性パートナーを平気でないがしろにする共通性(ヒモ的な性質)を感じた。作品は良いかも知れぬが、人として尊敬できぬ。
NHK日美が戸嶋靖昌(スペインで活躍した西洋画家)でした。リアリズムのあり方、暗い色彩への執着はかなり面白かった。画壇から無視られても色彩の暗さにこだわっていたとは。バロックとラスメニーナスへの近似を光としていた。人物の存在感と闇の描きかたもまた、戸嶋靖昌のバロックではないかな。
Eテレの「戸嶋靖昌」知らなかった。すごい画家だ。凄すぎてびっくり。素晴らしい。
戸嶋靖昌飛び出してくるような描写凄かったリアリズムは時空を超える学芸員の解説もとてもわかりやすくて面白かったです
グラナダ行きたいなあ??戸嶋靖昌すき……
戸嶋靖昌「時間が出ないとだめなんだよ」
戸嶋靖昌の回。
戸嶋靖昌、重すぎる
_φ(・_・戸嶋靖昌の葬送曲はマタイ受難曲
戸嶋靖昌と奥田瑛二がグラナダで出会ったのは1995年なのね。
日曜美術館。戸嶋靖昌。ベラスケスのリアリズムに感銘を受け、スペインに移り住んだ画家。
戸嶋 靖昌
日曜美術館を観ている。戸嶋靖昌記念館は麹町にあるようだ、入ってみよう。
「グラナダには内向的な一つの悲しみがある。だから魅かれるのである」グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌 孤高のリアリズム
戸嶋靖昌さんという画家を正直全く知らなかったのだけど、今「日曜美術館」で特集の放送されてて、その画風に圧倒されてる。彫刻もされていたというのがすごくわかる作風。重厚な存在感がすごい。これから注目していきたい。
戸嶋靖昌の絵すべてがヤバい
戸嶋靖昌の作品の迫力

戸嶋靖昌、今度観に行って来るかね....。<br />

-未分類