速報!トレンドワード

最新のトレンドワードに関する、まとめです。

未分類

意外と音也と瑛一のデュエット合ってる…!

意外と音也と瑛一のデュエット合ってる…!
アニメでやっと音也の過去に触れてくれたー!!と思ったらなんか音也闇堕ち回だったんだけど………。え?え?あれがデュエソンじゃないよね……いやデュエソンだけどさ………更に覚醒された音也と瑛一くんのデュエソンくるよね!!!???瑛一くんいい奴だと思ったら闇堕ちさせやがった!!
そしたら瑛一さんを救えるのは音也くんしかいないじゃん
瑛一くんカウンセラーみたいだな…あととても距離が近い
完全に妄想が暴走してるし、私もともと瑛一さん好きだから瑛一さん擁護する側の意見だからアレだけどでもどうしても瑛一さんが人の闇を引っ掻き回して錯乱させる悪者だとは思えないんだよね瑛一さんが1番音也くんに期待してるのかもしれないじゃん
瑛二くんがあんな素直に育ったのってもしかして瑛一がレイジングから守ってきたからなのでは?
瑛一と音也のBL買いたい。呼びどうなるんだろ。瑛音?いや、瑛二と間違えるやんどうなるんだ。いやーレジェンドすばらしい。これで終わりだなんて言わないで
レイジングの結果第一主義に鳳瑛一は素直に従ってるだけの人ではないとわかったし、成長した歌を聴かせるためにやってるとわかってるから彼のことをとやかく言う気はない…音也が向き合わなければならない問題だったわけだし

鳳瑛一の洗脳具合が腑に落ち......ないんだよな
瑛一、既に嫌いとかの次元じゃないよ。自分が寝てる時に、上で「Eよ!!君は最高だ!」つわれてハアハアgされてたら誰でも「…気持ち悪い…」ってアスカ・ラングレー状態になるじゃん。とにかく、気持ち悪い。
音也くんの過去を知って、多分驚きだよね、あんな過去があるのにあれだけ笑顔を振りまけることに驚くそしてもし、音也くんが自分の過去から逃げずに全て受け入れたうえで同じ笑顔を見せられるなら、その姿に1番勇気づけられるのは他でもない、瑛一さん自身なんじゃない??
「瑛一」は「えいいち」と読みます。
もしかしたら瑛一さんはずっと独りで苦しんでるのかもしれなくない?綺羅やナギには見せられない、ヘヴに素直に弱さを見せられないんだとしたら?
瑛一が音也のほっぺスリスリてる手がぬるぬる動いてキモチワルイwwww
TLがわりと阿鼻叫喚で音也回すげー期待してるんだけどそれよりもリア友と静かに盛り上がった瑛一の闇について3時間ほど語りたい
でもレイジングには言い返せなかったこれは完全に妄想だけど、もし瑛一さんとレイジングに血の繋がりがなかったら?認めてほしく思ってたら?瑛二に劣等感を感じてたら?そしたら瑛一さんは自分の考える最高のアイドルになることで認められたいと思うんじゃない、、、?
瑛一の過去も音也並だと思う
鳳・マインドコントローラー・瑛一
起きれた*\(^o^)/*朝からうたプリ見てて瑛一のテンションがwwwこういうキャラだったの?最初から笑うわ。
瑛一さんはもしかしたらずっと前からそれに気づいてたんじゃないの?他を蹴落とすために歌ってたら1番になんてなれない、歌を楽しむことで人を楽しませることができるって本当はずっとわかってたんじゃない?彼にとってヘヴは居場所で、大切な存在だからこそ守りたいんじゃない?
音也の本当の姿はこれじゃないよ瑛一…
瑛一にもその理由があって音也を追い詰めたんだよなぁと思うとなんか瑛一も可哀想思えてくる
そういえば1期のトキヤと似た構図の瑛一が今回出てきた気がするんだけど……上から見下ろしてる?シーンあれトキヤのトレスか?とか思ってしまった
そこが瑛一さんの言うヘヴンズの変化、成長でスタリと一緒に歌うことでヘヴも歌の楽しさとかスタリへの対等な競争意識に気づいて、前みたいに俺たちが1番だ!俺たち以外は雑魚だ!みたいな考えが薄れたんだと思うヘヴの最大の欠点だった傲慢さが改善されようとしてる
鳳瑛一の誘導が露骨すぎるのが腑に落ちないけど、音也の口から笑顔じゃなきゃ自分らしくないのか?って発言が聞けて逆に安心というか
瑛一さんのソロタイトル、和訳は完璧な状態って意味なのか……くぅー性癖突いてくる……てかほんとみんな言ってるけどスタリとへヴのイメージカラーちゃんと分けてほしかったよね……瑛一さんあんまり赤似合わないんだもん……赤紫とかにしてほしかった……瑛二くんは青紫とかに……
次の話から音やんが瑛一にべったりになったりしたら死ぬ
そして瑛一は来週から裸眼で頑張ってください←
うたプリ9話見たけど鳳瑛一全体的に距離が近すぎるし、人が宗教にはまっていく過程を見ているかのようだった
瑛一さんはスタリもヘヴも成長してるって言ってた、つまり今までのデュエットプロジェクトを全部ちゃんと見て、デュエットする2人の変化もちゃんと見てるってこと

意外と音也と瑛一のデュエット合ってる…!<br />

-未分類